アクセシビリティ対応の詳細評価基準

トップページについて

(1) メニューを読み飛ばすページ内リンクがある
次のいずれかの方法でメニューを読み飛ばせるか。ただし、そのリンクは、常に画面に表示されている。又はキーボード・フォーカスを受け取っている際には画面に表示されているか。また、リンクがある場合でも、IEなどの一般的なブラウザで利用できない場合は×とする。
  1. ページの先頭から本文エリアに移動するページ内リンクがある。
  2. リンクが、繰り返されるコンテンツのブロックの前にある最後のフォーカス可能なコントロールである、又はブロック内の最初のリンクである。
  3. ページの先頭に、コンテンツの各エリアへのリンクがある。
(2) 全てキーボード操作可能である
リンクやボタンがすべてキーボードで操作ができるか。(キーボードトラップされないことを含む。)
(3) 200%に拡大してもテキストの表示に問題ない
ブラウザの機能でウェブページ上でテキストの大きさを200%に拡大してもテキストの表示に問題がないか。
画像化された文字、FLASHの文字は対象外で、テキストだけが対象。
(4) 見出し要素が適切に使われている
「見出し」となる箇所が見出し要素で記述されているか。また、文字の装飾のために見出し要素で記述されていないか。
(5) 画像が点滅しない
バナー広告や動画などが点滅しないか。点滅する場合は、5秒以内に止まるか、ユーザにより、一時停止、停止、非表示にできれば○。
(6) ページを開いても自動で音声が再生されない
ページを開いた時に自動で音声が再生されないか。音声が再生される場合は、3秒以内に止まるか、ユーザにより、一時停止、停止、または、ユーザの要求により再生をできれば○。
(7) 画像にalt属性がある
すべての画像にalt属性があるか。

サイト全体について

(8) パンくずリストがある
トップページ直下の共通メニューから辿れるページについて、ウェブページにあるパンくずリストが正しく表示され、正しく機能するか。
(9) 各ページの構造が共通になっている
トップページ直下の共通メニューから辿れるページについて、複数のウェブページの構造が共通になっているか。
(10) アクセシビリティに関する記述がある
JIS X 8341-3:2010に言及したアクセシビリティに関する方針または指針があるか。
(11) アクセシブルな複数の問い合わせ手段がある
ウェブコンテンツに関する利用者からの問い合わせを目的とした、住所、電話、FAX、お問い合わせフォーム、e-mailのいずれかの方法で、アクセシブルな複数の問い合わせ手段があるか。

ページの先頭に戻る